スキップしてメイン コンテンツに移動

フリーター全般労働組合の私物化を解消させ、プレカリアートによる民主的な「2018自由と生存のメーデー」を実現しよう!

権力と資産を持つ者によって、自らの<生>の充足と安定を奪われている全ての皆さん!

私たちは、「2018自由と生存のメーデー」をともに開催するために、実行委員会を組織した有志の集まりです。私たちの中の数人は、フリーター全般労働組合の組合員であって、自由と生存のメーデーの取り組みとともに、組合の活動にも長らく携わってきました。

2018年の自由と生存のメーデー開催にあたって今般、極めて例外的な事態が起き、成功裏に開催を迎えることができるのかどうか危ぶまれる状況が生じています。すなわち、このメーデー実現のための会議の呼びかけ主体であるフリーター全般労働組合が、私たち実行委員会を「私的なあつまりにすぎない」と断じて、否認するという異常事態が起こっているのです。
そしてこうした混乱の本質は、フリーター全般労働組合における現執行部の非民主的な運営と組合の私物化によってもたらされているものです。
私たちはここに、このような状況が生じるに至った経緯を明らかにするとともに、2018年のメーデーを成功裡に実現するため、そしてフリーター全般労働組合に生じている異常事態を正常化するために、幅広い関心とご支援、参加を要請するものであります。

そもそも「自由と生存のメーデー」はこれまで、フリーター全般労働組合が準備会の呼びかけを行い、そこに集った有志の方々と、その年毎に実行委員会を結成するという形式をとることを常として開催されてきました。
例年では、2月には組合内の準備会議がもたれるところですが、本年は、1月と2月の定例執行委員会においてメーデーを今年もやることを決定した旨が、同委員会の議事録で報告されていますが、準備会議に向けた具体的な呼びかけや働きかけは、3月中旬になっても執行部から行われることはありませんでした。
このような状況に危機感を覚えた組合員の有志は、準備会議を持つことを組合メーリングリスト上で呼びかけ、3月23日にその会合を、フリーター全般労組事務所にて持ちました。【※1】
その後私たちは、この準備会において話し合われた内容に基づいて、第1回実行委員会会議を開催することを組合内外に対してメール等を通じて呼びかけ、3月31日、第1回実行委員会会議をフリーター全般労組事務所にて行いました。【※2】
さらに私たちは、メーデー実として話し合った内容や決定された事項などを執行委員会に報告し、承認を得るべく、同じく31日の第1回メーデー実会議の後に開催された執行委員会に出席し、説明を述べようとしたところ、ある執行委員から、わたしたちによって行われたメーデー実行委員会の話し合いは「私的なミーティング」に過ぎないので、メーデー実行委員会として認めることはできないとの発言を受けました。

執行委員会はメーデーの扱いについて、

「執行委員会として、メーデーの趣旨や内容、実行のスケジュールや役割分担などについての話し合いを呼びかける」
「某組合員が呼びかけた『実行委員会』の参加者に、この話し合いへの参加を求める」
「話し合いでは、この『実行委員会』で積み重ねた議論を下敷きにする」
「話し合いの日時は、某組合員が呼びかけた「実行委員会」の参加者と調整して決定し、組合員に知らせる」
ことを決議しました。

もちろん、執行委員会は規約や大会の決議事項に従って組合の運営にあたる正規の執行機関です。組合名義での決議や予算の執行は全て執行委員会の議決を経なければいけないことは、組合員である私たちの仲間はもちろん、それ以外のメンバーも含めて、充分に理解しているところです。
しかし、執行委員会が組合の全てではないということは、同時に確認されなければならないことです。特に、組合内の民主主義が機能不全に陥ったり、特定の人物に権力が集中し独裁的な運営が行われているのであれば、尚更のことです。
いわば執行部の怠慢によって開催の危機にあったメーデーへの取り組みを、私たちのなかの組合員数名が進んで実行に移したわけです。
もちろん、その内容について異論があるのであれば、それは忌憚なく議論すればよいと考えますが、執行部が行ったのは、いわば「門前払い」というに等しいものです。
私たちが話し合ってきた内容に立ち入ることすらせず、全てを執行委員会の管理下におこうとする現執行部の決定は、民主主義的な運動を軽視し、その取り組みを徹底して抑圧するものです。【※3】
そして残念ながら、この問題は単に私たちメーデー実に対する冷遇というだけにあらず、現執行部の専横の問題として、今や組合の民主主義的運営の問題として存在していることを、私たちは訴えざるを得ません。
詳細は別稿によるものとしたいと思いますが、フリーター全般労働組合では特定の組合員に対する差別的扱いが常態化するなど、現執行部の独裁的運営によって様々な問題が生じています。特にある執行委員の言動は、組合を私物化しているといわざるを得ないものであり、フリーター全般労働組合における民主主義は、今や窮地にあると言える状態です。
また、こうした独裁的運営によって、労働組合の業務にも、深刻な影響が生じています。
2017年11月よりフリーター全般労働組合は、相談体制を用意できないとの理由から、新規組合員の加入を停止している状態です。「プレカリアートの自律性と相互扶助の力で民主的世界の確立を目指」(フリーター全般労働組合・綱領)すはずのフリーター全般労働組合が、その内部において反民主的な運営を行っているというのは、全く笑えない冗談としか言えません。しかし、これは現実に存在している問題です。

自由と生存のメーデーは、フリーター全般労組だけによって担われてきたものではありませんが、しかし、フリーター全般労組は、この取り組みにおいて中心的といってよい、大変重要な役割を果たしてきた団体でありました。
大変残念なことではありますが、もはやこの問題を現組合の自浄作用に委ねることはできないと、私たちは判断しました。フリーター全般労組が陥っている事態を切開し、組合の独裁・私物化という問題と正面から対峙することなしには、2018年の自由と生存のメーデーを開催することはもちろん、今後の東京地域におけるプレカリアート運動の未来を切り拓いていくことは出来ないと考えます。

「2018自由と生存のメーデー」の開催を実現するため。そして、フリーター全般労働組合を、真に民主的な組合へと再生させるため。

私たち「2018自由と生存のメーデー実行委員会」の取り組みに、皆様の幅広い関心とご支援、そして参加を頂きますよう、ここに訴えます。

2018年4月7日
2018自由と生存のメーデー実行委員会


追記
上記ご説明申し上げましたように、「2018自由と生存のメーデー」は、大変残念ながら、フリーター全般労働組合の支援のない状態で開催せざるを得ない可能性があります。

わたしたちメーデー実といたしましては、引き続き当実行委の承認と支援、それから、組合に寄託しているメーデー会計の引き渡しを求めて働きかけを行って参りたいと思っています。皆様の関心とご支援、そして参加を、重ねてお願い申しあげる次第です。

 【※1】 組合メーリングリスト上で呼びかけられたこのメーデー準備会は、当然に執行部が認識するところのものであった。また、この準備会の開催前日には同メーリングリストで、フリーター労組共同代表のAさんから「申し訳ないが仕事のため翌日のメーデー会議(※メーデー準備会会議のこと)は参加できず、今後の会議は土日に設定したほうがよい」との旨の示唆があった。

【※2】 わたし達が開催した2018自由と生存のメーデー準備会の議事録は、次回会議を3月31日に持つこととあわせて組合メーリングリスト上で組合員に対し周知された。また、執行部が作成し3月24日に組合メーリングリストに流された「組合行動予定表」は、31日(土)13時から「メーデー会議」を開催することを告知するものであった。もとよりこの日程は、上記【※1】で示した共同代表であるAさんの求めに応じて調整されたものであった。(結局、この日のメーデー実委会議にはA共同代表は姿を現さなかった。)

【※3】 執行部の言う「話し合いでは、この『実行委員会』で積み重ねた議論を下敷きにする」との言葉は、この意味で示唆的である。私たちが求めたのは、その内容に対する執行部の是非の判断であって、わたし達の話し合いの「上」に君臨することではない。また、執行部がメーデーに対して何ら取り組みを行ってこなかったということについての反省のなさは、謙虚さを欠くものであると言わざるを得ず、組合運営をする機関としては致命的であると言わざるをえない。

このブログの人気の投稿

【緊急声明】「正しさの帝國」で―財務省セクハラ事件に対する緊急声明

「外部に情報を渡すことは問題」
「前後の文脈がある。全体を見てくれ」
「告発された側にも人権がある」
「名誉毀損にあたる可能性がある」

どれも最もなことだ。
ヤツ等はいつだって「正しい」。

彼だって、別にセクハラを認めたわけじゃあ、ない。
次官様は「辞めた」のであって、「クビになった」のではないのだ。
ハラスメントを告発する者(あるいは被害者)に、私たちの「社会」が求めるのは、次のようなことだ。

・それがセクハラであることを、誰もが納得する「事実」として公にすること。
・その「事実」をもとに、加害者にそれを認めさせること。(もちろん、「自分の声は自分の体を通じて聞こえるからわからない」とか、「女性が接待する店での言葉遊びかもしれない」とか、「相手の声が入ってないから、いつのことかわからない」とか、そういう弁解に対し、すべて論拠をあげて反証しなければならない。――だいたい「言葉遊び」が御品書きなんて店が、一体何処にあるって言うんだい?)
・可能でれあれば加害者に、それが「セクハラ」であること、つまり、自分の持っている尺度が、他者に対して暴力として発言することがあることを認識させ、悔い改めさせること。

ハラスメントを告発する者(あるいは被害者)に事実上要求されているのは、かくも困難な事柄である。

このような環境を今、仮に「正しさの帝國」と呼ぶことにする。

「正しさの帝國」において、「正しさ」とともにある者たち告発しようとするとき。
「正しさの帝國」に連ならぬ者に出来ることは、土台、次のようなものだろう。

・「内部の抑圧に屈せず、外部と連帯すること」
・「前後だとか、全体だとかに捉われず、事実を視る、その視点のあり方を問題にすること」
・「人権は、それを訴える力や財産、能力、社会的地位を持つ者に有利に保障されているという現実を認識すること」
・「毀損される“名誉”とは、一体どのような者たちのものであるのかを問い返すこと」

いつだって、「正しさの帝國」の真っ只中で、これを保持し続けられた者だけが辛うじて、ヤツ等の「正しさ」を告発しているのである!
それは「勇気」なのだろうか?信念なのだろうか?

「正しさの帝國」に列ならぬ私たちの道のりは、厳しく、長い。

「ハラスメントされるのは仕事じゃない!」

「正しさの壁」に囲まれたこの世界で、その壁の向こうの者たちとつながろう。
暴力…

フリーター労組から回答がありませんでした

4月18日に実行委員会からフリーター労組に対して提出した要求書(参考:https://mayday-for-freedom-and-lives-2018.blogspot.jp/2018/04/blog-post_19.html)について、メーデー当日までに回答がありませんでした(この投稿をアップした時点でも回答はありません)。
大変残念です。
下記にその要求書の全文をアップします。

既に要求事項の「4」後段については実現不可能となってしまいましたが、その他の要求につきましては引き続き受諾して頂けるよう、働きかけを行っていきたいと思います。

2018自由と生存のメーデー実行委員会の取り組みに引き続きご関心をお寄せ頂けますよう、お願い申し上げます。


-----------

2018年4月18日
フリーター全般労働組合
執行委員会 御中

「2018自由と生存のメーデー」実行委員会
担当 ●●●●●
連絡先 ●●●●●

要 求 書

わたしたちは、「2018自由と生存のメーデー」実行委員会です。

当実行委員会は、本年「自由と生存のメーデー」を開催するため、貴組合の内部における参加呼びかけによって3月23日に準備会議を開催し、その後3月31日に、これまで開催されてきた「自由と生存のメーデー」にゆかりのある組合外の人々にも参加を呼びかけ、第1回実行委員会会議を開催し結成されました。

これまで「自由と生存のメーデー」は、貴組合による支援を受けながら開催を重ねました。しかし本年については残念なことに、貴組合との信頼関係に亀裂が生じたことで、当実行委員会は苦難に直面しております。

その直接的原因は、3月31日に貴組合執行委員会において決せられた、当実行委員会の存在そのものについて不承知とした決定にあります。

すでにご承知の通り、「2018自由と生存のメーデー」の準備については、貴組合内部の話し合いに基づいて行われてきたものであり、当実行委員会の発足の経過についても、執行委員会はもとより、全組合員にオープンなものとして段階的に進められてきました。当実行委員会の結成とメーデーへの取り組みに手続的な問題がないことは明白であり、かつ、その内容についても、貴組合において首肯し難いものであるとは言えないものと考えます。

当実行委員会は貴組合執行委員会において、例年と同じく、支援の決定や寄託財…